DIARY
| Back | Index | Next |
2006年11月27日(月)
抗がん剤5日目
今日はだいぶ調子戻りましたww
 
24日、25日はちょっとしんどかったかな。
 
24日は身体がズズーンって重くて動けん+嘔吐+何故か鼻血。
25日は嘔吐×4。
今回はいつもより食べれたけど、
胃に残るほど食べれてないから何度も嘔吐して胃液で気分悪いし、
物の怪のようにえづくから腹筋、筋肉痛。。。
 
何でか寝付くときと寝起きがすごい身体重いし、吐き気するし、
睡眠とるのがしんどかったぜぃ。
ま、過ぎたことは忘れるべし!!
 
 
今回の治療は色つき抗がん剤が2本。
24時間の抗がん剤が7本。
30日の昼前に投与が終わる予定です。
 
あと69時間。。。
 
色つきが2日前に終わってるから、
あとはそんなにしんどくならないから大丈夫だ♪
 
ちょっと気になるのは、胸(肺?)の辺りが何か痛い、、、
ズキズキしたかと思うとちょっと苦しくなったり。
これってもしかして。。。恋??キャッ☆
 
・・・の可能性、限りなくゼロッ!!!!!
だって病棟にいるメンズの年齢層―――
  いやいや、どんな守備範囲やねん。
  いやいや、どっちかてゆーと年上好みやけども。せやけども!
2006年11月23日(木)
抗がん剤1日目
この写真を
下のキレイな紅
葉と一緒のページに載せるのは
嫌だなぁ〜、と思いつつUPしました。
(そのうち消してるかも)
 
ご存知の方も多いはず。
てか見たくもない人も多いはず。
そう、コレが噂に名高い『色つきの薬』!
その中で最もやり手のやつ!
 
う゛ぅ゛・・・見ただけで吐きそう。マジで。
 
コレが体内に進出してくる様子を、
珍しくナーバスに、
(うあぁぁぁぁぁぁぁぁ〜ホンマこれッ・・・)と眺め、
早くも精神的吐き気をもよおす私に、
活が入ったのはBBSを見たとき。
 
「薬が悪いやつらをやっつけてるイメージ...イメー...イメージ...」
 
ふおぉぉぉぉー!!!
 
(自称)爽やかさが売りのあたいも完敗の爽やかさ。
そうだ、そうなんだ。
私はコイツに命を助けてもらってるんだ。
それを一時でも忘れちまうなんて。。。
あゆのバカーーーーーンッッ!
 
ゆきもぐさん、ありがとうございました☆
 
 
むむむ。
だんだん本気の吐き気が来たかな。
明日と明後日がたぶんピークだな。
おっし!
そんなもん笑い飛ばしたるのだ、私!!!
ガハハハハハハハハハ〜〜〜!
2006年11月22日(水)
アユラvsメカアイブイエイチ
アユラvsメカアイブイエイチ、本日公開!!
(全国東宝系映画館にて一斉ロードショー)
 
というワケで、
今日は中心静脈カテーテル、略してIVHを入れました。
 
IVHとは。
太い血管にチューブみたいのを挿入して、
そこから点滴を落とすというもの。
一度入れると退院まで取らない。
要するに、
点滴のたびに針を刺さなくて済むというスバラシイものである。
 
が。
 
それを入れるのがさぁ、
ほんっとねぇ〜、
ごっつ痛いんだょねぇ。
 
だからアユラはアドレナリンを放出することに全神経を集中させた。
例えばこう。
 
「貴様にオレが倒せるか!?
オラッ、来やがれ。
貴様なんぞ麻酔なしでもやってくれるわ!!このモヤシ野郎!」(ウソ)
 
 
あるいはこう。
 
「アンタが私を狙おうってんなら、勝手にしな。
けどねぇ、
仲間を傷つけるのだきゃぁ許さないよ!覚悟しなッ!!」(妄想)
 
 
さらにはこう。
 
「おい、オメ、どこ中だよ!?
あん?メカ中の愛武威永地だとっ!?
テんメ〜、うちのカズキやりやがった奴だな!
こうなりゃ生かしちゃおけねぇ!ウォォォォォーーーーーッッッ!!!!!」(ヤカラ)
 
 
そんなこんなで、私が妄想に終始できたのは、
部長先生の処置で、
あんまり痛くなかったからなのでした〜。
 
 
 
明日から抗がん剤、いっきまーす。
 
2006年11月21日(火)
今日から!
TOPで20日から入院と言ってましたが、
1日延びて今日からになりました。
 
さっきマルク(骨髄検査)したんですが、
久しぶりなのでちょいと緊張。
 
私は何故かなかなか麻酔が効かない体質。
 
「痛くない?」 
「痛いです」      
「じゃコレは?」
「痛い・・です」
「コレは?」
「…痛いです」     
「ココ」 
「……痛いです」
「・・・」 
「………いた…い」   
「・・・・・・」       
「………………だいじょぶです……」(ヤセ我慢)
2006年11月18日(土)
日本人で良かった〜!
ご覧の紅葉の美しさに心を奪われて参りました☆
 
紅葉ってこんなにキレイなものだったんだね!!
めちゃめちゃ感動したぁぁぁ
すんごい得した気分ッ♪
 
 
さて今日は長い一日でした。
5時半起床。(高校の体育祭以来だ!)
でも7時出発。(気付けばこんな時間!)
 
下鴨神社へ行ったが、まだ紅葉せず。。。
でも「糺(ただす)の森」にてすがすがしい散歩♪
加茂川沿いを歩きながら心地よいせせらぎを満喫。
 
病院でお世話になっているお友達に
教えてもらった真如堂とやらいうところへGO♪
 
真如堂前でバスを下車。
坂道&階段。。。キツイ。
しかーし!それを登り終えた我々を待っていたのは、
言葉では言い尽くせない感動だった!!!
 
人も少なめやし、何よりキレイやしホンマに良かった♪
 
 
 
 
あ…あかん。もう眠気MAX............
 
2006年11月16日(木)
明日はお泊り会だ♪
明日は友達の下宿先に遊びに行く。
お泊り会を兼ねて♪
病気を得てから初お泊り会!!
めたんこ楽しみッ(☆▽☆)↑↑
 
し・か・も
 
友達の下宿先は
 
 
 
なのーーーーーーーーーーーーーーー☆
 
 
 
その友達とはハタチにして既に12年の付き合い。
初めて会ったのは幼稚園だから16年前かぁ。。。
 
【あ゛!! 今、誰かがお風呂入った!くそぉ、この後すぐ入ろうと思ったのに】
(↑コレ現在の心境)
 
そのサオリたんとナオコたんとで小3からずっと仲良しなの♪
3人とも違う中学に進んだけど、ノープロブレム。
今回ナオコたんが来れないのが残念たんね。
 
代わりにノンタンが来るかもしれん。
いや、ブータンが来るかもしれん。
極端に言えばスルタンが来るかもしれん。
大胆なキリシタンが来るかもしれん。
隠しボタンでトタンにパキスタンや。
あおたんが発端で...............
 
 
もうえぇって。。。。
 
2006年11月13日(月)
こたつの思い出
今年もあいつはやってきた。例に洩れずやってきた。
その名はK・O・T・A・T・U。
 
こたっつぁんは心優しき家具(と書いて家族と読む)。
我々はヤツにどれほど世話になってきたことか。
凍えた身体を、そして心を、
こたっつぁんは優しく温めてくれる。
来る日も来る日も、
人々はこたっつぁんの元に集い、寄り添い、
ヤツのぬくもりに触れる。
ヤツは寡黙な野郎だ。
我々が泣き、笑い、歌うときも傍でただ黙って見守っている、
そんな野郎さ。
 
こたっつぁんよ、この冬も頼むぜ。。。
 
ただ、我々には一抹の不安がある。
そう、ヤツの......健康だ。
 
こたっつぁんはカレコレ15年以上、第一線でやってきた。
こたつとしてはなかなかの場数を踏んでいる。
ヤツの性格上、あと5年は頑張りたい感じだが、
しかしながら、幼少期のあゆは、ものっそ粗暴かつ悪戯小僧。
当然ヤツにも白羽の矢が立った。
 
「なぁなぁ、カズくん(幼馴染のカズキ・4歳)。折り紙しよう」
「うん」
「どっちがいっぱいのり塗れるか勝負な!」
折り紙にのりを塗りたくるという、ナゾの勝負を始めたふたりの4歳児。
こたっつぁんはこの日も黙ってそれを見つめていた。
「で〜きた!ハイ、終わり〜。あゆの勝ち!!」
自分ができたとたんにゲームセット。
まことにセコイ。
この理不尽な勝敗に、当然カズキは抗議する。
「え〜、カズキまだ終わってないもん。あゆちゃんズルイよぉ」
「はぁぁぁぁぁぁぁ!?遅いのが悪いんやろ!ズルイなんて言ったこと謝って!」
お前こそ謝れ。
(あゆちゃないつもこうだなぁ。将来は大丈夫なのか・・・)
心配になるこたっつぁんであった。
 
ふたりはなんとか仲直りし、今度はこたっつぁんの中で遊び始めた。
「なぁカズくん、のり乾いた?」
「ううん、全然」
どうやら例の折り紙を乾かしているらしい。
ひと時の静寂。
こたっつぁんはいつのまにかうたた寝をしていた。
(なんだかお腹がくすぐったいな。あれ?何かぬちゃぬちゃする・・・?)
 
クスクス......クスクス......
目を覚ましたこたっつぁんの耳にふたりの忍び笑いが聞こえた。
(え?え!?えぇぇぇぇーーーーッッ!?!?!?!?!?)
 
カズキが帰ったあと、マミーが帰って来た。
「今日はカズくんと何して遊んだの?」
「おりがみーッ」
「へぇ、家で遊んだの。めずらしいわね」
ブブブブブブブブ...........................ジジジジジ..................
「あれ?何か変な音するわね」
(お母さーん!その子ただの折り紙じゃありませんよー!早く剥がしてぇぇ
ちょっ、ほんと!燃えちゃうから!!早くぅぅぅ)
「ま、いっか」
(・・・・・お前らいつかブッ飛すッッッッッ!!!!!!!)
2006年11月11日(土)
DEATH NOTE―the last name―
マミーと映画「DEATH NOTE the last name」を観に行きました。
雨で混んでるかなぁと思ったけどそうでもなく、
映画は予想以上に・・・おもしろいッ!!!
 
原作のように複雑すぎて
脳内パニックに陥ることもなかったし☆
(単に私が読解力不足なのか!?!?)
 
それに主演・藤原のたっつぁんがカッコエエ〜〜〜ッ 。:゚*ヾ(*゚口゚*)ノ.゚。ステキックス
友達からでもいいんで宜しくお願いします!!!
 
でも藤原竜也演じる主人公はあまりにも。。。カゲキックス。
凶悪犯罪者だからってバンバン殺すのはちょっと、ちょっとちょっと。
しかし、多少は理解できまックスが、おごりが過ぎまックスよ。
それにアズマックスは金持ちックス。
シゲキックスはよだれいっぱい出るックス。
ファックスはファクシミリモデムっていうんだよ。
2006年11月5日(日)
NARA
昨日、奈良に行って参りました!
『正倉院』と『興福寺』がご開帳しているので、
病院で出会ったお二人とそのご家族さんと5人で
大仏さんやら国宝を見に行きました。
 
のはずが!
気付けばモグモグ。。。
気を抜けばモグモグ。。。
やっぱりモグモグ。。。
う〜む、満腹♪♪
ってオイッッッ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!(汗)
 
一通り食べたらいざ国宝を拝みに!
「2010年で奈良遷都から丸1300年でございます。
こちらの大仏様は鎌倉時代のうんたらかんたら...」
という感じで何かありがたい感じの大仏さんを、
ここぞとばかりに拝みたおした。
私は普段、これっぽっちも信仰心がないのに、
こんなときは神仏に様々な煩悩をお願いをする
なんとも都合のいい人間なのだ!ワッハッハ
そこで笑っている君、君もそうだろう。
さぁ一緒に“都合いい同盟”を組もうではないか!
アイコトバは「さぁゆこう!宇宙の彼方へーーーーッ!!!!」
 
それでしかしまぁ人の多いこと(―.―;)
お目当ての正倉院は2時間待ち。
潔く諦めて茶屋へGO!
またしてもモグモグ。。。
 
一番感動したのは、なんと言っても!
『阿修羅さんーーーーーーーっ!!』
むぅっちゃキレイなお顔で
みんな吸い寄せられるように阿修羅さんの前に集まっていました。
キリッと切れ長の目にすっと天に伸びる鼻立ち。
物憂げとも悲し気ともとれるその表情に何ぴとも恋してしまう…(≧w≦)
くらい美を極めていたのでした!
 
すっかり奈良も好きになりました。
また行くぞ!!
2006年11月1日(水)
ねんざした...(;□;)
もう3週間くらい捻挫が治らないぃぃ(;へ;)
 
それは爽やかな秋空が広がる10月中旬。
私は退院中の恒例で、近所の公園へ散歩に出かけた。
 
う〜ん、いい気分♪
この爽やかさは私にピッタリ。
いや、爽やかさで私の右に出るものはいないはず。
えぇそうよ。
私が秋の爽快さに負けるものですかっ。
何がスポーツに秋よっ。
何が読書の秋よっ。
フンッッ。
スポーツも読書も私のほうが爽やかにこなすわッ。
何?何ですって?
あなたねぇ、ちょっと生意気じゃなくって?
「○○の秋」とか何とか持てはやされて、、、
結局あんたは世間様にもてあそばれているんだよっっ!!!
そのことにも気付かない今のあんたなんか...
大嫌いだよッ!だよッ!…だよ!・・…だょ!……だょ…(エコーを効かす)
 
そんなこんなで家に帰り着いた私を待っていたのは、
得体の知れない足首の痛みであった。
 
それから3週間、未だに出歩けないあゆなのであった。
 
う゛ぅ゛...お外に出たいズラ。。。


HOME


inserted by FC2 system