GIRLS TALK

私にとって…
私はこどもが好き。
近所のこどもたちと遊ぶのも好き。
入院中、しんどくてしんどくて、どうしてもダメになりそうなとき、
未来の自分のこどものことを想った。
「私が死んだら君に会えないよね。君に会いたい。だから死なないよ、絶対に」
 
化学療法での治療がうまくいったものの、再発→移植、となる可能性がないワケじゃない。
CNS(中枢神経白血病)をやったから、
万一移植になれば、放射線の全身照射をせざるを得ない私は、
卵巣の機能を失うことは確実らしい。
 
こどもができないなんて、考えられなかった。考えたこともなかった。
私のママが私に生を授けてくれたのと同じように、
私も新しい生を授けるものだと、当然のように思っていた。
 
未受精卵子を保存しても、
妊娠できる可能性はほとんどないと聞いたけど、(事実ではない)
限りなくゼロに近い可能性だって何だって、
パーセンテージなんかは気にならなかった。
 
治療中、化学療法か移植かを自己決定するとき、
「移植するなら、絶対に卵子保存をしないと踏み切らない」という、
想いが強かった。
 
 
―1度目の挑戦―
’07年7月、無事、化学療法が終了・退院し、
未受精卵子保存を行っている藤野クリニックを受診。(「それから日記」7/26参照)
退院して「私はもう治った」と思ってる中では、
なかなか切実に保存しなければ!と思うことは難しかったけど、
後悔だけはしたくないと、自分を励まして、
9月末に採卵に挑戦した。
 
だけど、卵子がなかったと言われた。
失敗。
 
こんなに悲しい気持ちになるなんて思わなかったのに、
本当に本当に悲しかった。
 
「次、がんばりましょう」
という先生の言葉に、素直にうなずけなかった。
 
 
「2週間程度したら、また来てください」と言われたのに、
結局、行く気にはなれなかった。
 
 
―これから―
考えるのがしんどくて11月になっても、
どうするか決められないでいたけど、母と話して、
「気持ちがついていかないなら、その気になるまで待とう」
ということにした。
 
今、無理にチャレンジして、
また失敗したら、きっともう諦めてしまうだろうから。
 
 
 
―身近な方々へお願い―
私にとってデリケートなことですので、
お会いしたときなど、
ここに関することへのご質問などは、
ご配慮いただけますよう、お願いいたします。

妊娠の可能性・成功例
未受精卵子凍結保存→融解・受精→胚移植→妊娠。
うまくいけば、こうなります。
一般不妊の方の妊娠率は、前記のように25〜40%です。
 
日本でこの臨床研究が行われたのは2年ほど前からなので、病気が治癒して結婚し、子を望む方がまだいないので、成功例はありません。しかしベルギーでは、病気を克服した患者さんが結婚し、保存しておいた卵子を使って、一人の赤ちゃんが元気に生まれました
現在の成功例は、この一件です。
更新日時:
2007.11.16 Fri.

prev. index next

HOME


Last updated: 2007/11/16

inserted by FC2 system